FC2ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

2歳の赤ちゃん

2歳の赤ちゃんの成長
生後24ヶ月の平均身長は男の子は85.4cmで、女の子は84.cmです。
3歳までの1年間で平均8cm伸びます。
平均体重は男の子が12.07kg、女の子が11.5kgです。
平均はあくまでも目安に過ぎませんので、小さい、大きいの誤差はあるのが通常です。
カウプ指数※は子供の肥満度を測る指数ですが15から19が標準体型ですので、
この数値内に収まっていてなだらかにでも右肩上がりに増えていればそれ程心配することはありません。
※カウプ指数=体重(kg)÷身長(cm)2×104 ⇒乳幼児 (3ヶ月〜5歳) の発育状態の程度を表す指数

2歳の赤ちゃんの生活
2歳になると生活リズムも整い始めますので、早寝早起きを心がけることが大切です。
朝はカーテンを開けて日の光を浴びて目を覚まし、午前中はしっかり外遊びなどをさせて活動的に過ごします。
お昼寝も短くなってきますが、する場合には午後の早い時間帯にします。
体を動かすことで質の良い睡眠になり心と体が健康に発達します。
離乳食から幼児食になると栄養バランスも気をつけたい頃です。
好き嫌いが増える頃ですので、工夫して少しずつ食べさせてみましょう。

2歳の赤ちゃんの注意すること
行動範囲が広がると事故も増えるので安全対策が欠かせません。
お風呂場や台所は危険なものも多いのでゲートなどをつけて勝手に入れないようにします。
ベランダや窓辺は子供が乗り出す危険がありますので、簡単にカギを開けられないように
赤ちゃんの手の届かない位置にロックをつけておくと安心です。
外出時には手をつなぐようにして、交通ルールも少しずつ教えてあげてください
外へ出かけることが増えると、病気の心配もあります。
家へ帰ったら手洗いうがいをすることを習慣づけて下さい。

2歳の赤ちゃんとのコミュニケーション
単語だけを発していた1歳頃からすると、2歳になると親子で会話ができるようになってきます。
物の名前も身近な所から覚えていきますので、興味を持ったことから積極的に教えてあげましょう
まだはっきりしゃべれない言葉や、うまく伝えられなくて赤ちゃん自身もイライラすることがありますが、
丁寧に接してあげることで少しずつ会話が上達していきます
日頃から親子の会話を意識することで、どんどんコミュニケーション能力は発達していきますので、
たくさんお話をしてみて下さい。

mamadiet
スポンサーサイト

1歳半の赤ちゃん

1歳半の赤ちゃんの成長
生後18ヶ月の赤ちゃんは運動量がそれまでよりも増加する傾向にあるため、
筋肉がついてくることによってぽっちゃり体型から若干ほっそりとした体型へと変化していきます。
身長の伸び率はやや緩やかになる傾向にあり、目安としては73.9~85.9センチメートルです。
体重も増加する傾向にあり、目安としては8.05~12.47キログラムとなります。

1歳半の赤ちゃんの生活
1歳半の赤ちゃんの生活リズムは徐々に大人の生活リズムに近付いていきます
離乳食はほとんどの赤ちゃんが完了し、奥歯や糸切り歯が生えてくることから、
ほんの少しだけ固い幼児食であれば食べられるようになります。
おやつも食事の補完として、午前であれば10時前後、午後なら3時くらいに
朝昼晩の食事で足りない栄養素を意識しつつ、食事に影響しない量を与えるのが良いでしょう。
睡眠に関しても、昼寝は一回で済ますようになり、その代わりに大人と同じように夜に眠る時間が増えていきます。

1歳半の赤ちゃんの注意すること
1歳半の赤ちゃんはほとんどの子が歩けるようになります。
早くから歩き始めた子であれば、小走りをしたりジャンプしたり、
一人で階段の上り下りをするような子もいます。
そのため転んだり頭をぶつけたりすることも増えていくので、
不慮の事故が起こらないようにきちんと安全対策を施したり、
外出時や階段などでは手を繋いだり、常に目が届く場所にいる
などの配慮が必要となってきます。
また大人よりも免疫力が低いため、病気にも細心の注意が必要です。

1歳半の赤ちゃんとのコミュニケーション
言葉を覚えるスピードや単語の数はおおよそ家族とのコミュニケーションの密度によって変わってきます。
とはいえ個人差が絡んでくる事柄なので、他の赤ちゃんより覚えるスピードが遅かったり
単語の数が少なくても、焦ることなく根気良く話し掛けていく必要があります。
また赤ちゃんの自立心を養う意味も含めて、自分や他人に危害を与えるような危険なことでない限りは、
できるだけ赤ちゃんの遊びたいようにした方が良い場合もあります。
ただし危険な場合等、注意するときはしっかりと注意しましょう。

mamadiet

1歳の赤ちゃん

1歳の赤ちゃんの成長
生後12ヶ月の赤ちゃんの身長の目安は74cm、体重の目安は9㎏となっています。
この頃には2~3歩あるく赤ちゃんもいますが、ほとんどの子はまだ歩くことができません。
一人たっちをしたり簡単な言葉も増えてきますし、しっかりしてきたように見えますが、
泣くことが増えてママべったりになる子も珍しくありません。
知らない人や場所が怖いという人間らしい感情も豊に育ってきているので、ここでも成長を感じられます。

1歳の赤ちゃんの生活
1歳の赤ちゃんは離乳食も3回食に慣れてきて、基本的な生活リズムができているのが一般的です。
夜の間にたっぷりと寝るようになり、日中のお昼寝も1回でいいようになります。
朝は早く起きて朝日をあびるようにしたり、日中は外出をするなどして
赤ちゃんに適度な刺激と運動を与えてあげることも大事です。
このころの赤ちゃんの平均睡眠時間は11時間から13時間です。
きちんと寝ることは赤ちゃんにとってとても大切なことです。

1歳の赤ちゃんの注意すること
1歳の赤ちゃんは動きがますます活発になり、力も強くなってきます。
抱っこひも使う場面も多いかと思いますが、正しい装着方法で今まで以上に安全に気を配りましょう
赤ちゃんが暴れたり体を捩ったりすることで思わぬ事故が怒らないよう注意が必要です。
多くの人と触れ合うことでウイルス感染症にかかりやすくなるのもこのころです。
かかりやすい病気は手足口病やはしかなどです。
日頃から赤ちゃんの様子を観察し、いつもと違う様子がないか気をつけておくことが大事です。

1歳の赤ちゃんとのコミュニケーション
1歳になると意味のある言葉を複数話せる赤ちゃんも増えてきます。
言葉は出なくても指差しなどの動作や表現で訴えることもあるので、
そんな時は「お外へ行きたいのね」など赤ちゃんの気持ちを言葉で返してあげることが大事です。
そうすることで、赤ちゃんはコミュニケーションができた喜びを感じて言葉を覚えて発していく原動力にもなります。
くすぐったり一緒に笑ったり、顔をひっつけたりして触れ合うことでも赤ちゃんはとても喜びます。

mamadiet

11ヶ月の赤ちゃん

11ヶ月の赤ちゃんの成長
生後11ヶ月の赤ちゃんは、おおよその目安は身長68.4から77.4センチ、体重7.34から10.59キログラムです。
とはいえ子供の体格は個人差が大きいものですので、過度に気にする必要はありません。
つかまり立ちや伝い歩きも上達し、数秒なら支えが無くても立てるようになってきます。
また早い子では歩き始める子もいます。
手先も器用になり、遊びの幅も広がってきます。

11ヶ月の赤ちゃんの生活
生後11ヶ月にもなってくると、昼や夜などまとまった時間で睡眠を取れるようになってきます。
ですから生活リズムを規則正しく調整できることが大切です。
朝ごはんを食べさせたあとに散歩をさせて昼ごはん、
その後昼寝をして起きたら遊ばせて夕食、
そしてお風呂に入れて寝かせるという具合にスケジュールをこなしていくことが出来ます。
食事については、そろそろ食べ物をかんで食べることが出来るようになってきます。
離乳食は全体的にやわらかいものから、少しずつ固さを加えていけるでしょう。

11ヶ月の赤ちゃんの注意すること
生後11ヶ月になると、ハイハイのスピードも上がり動き回り、
ものに掴まって立ち上がったり伝い歩きをしたり、
早い子では数秒支え無しで立ったり、数歩歩いたりします。
ですから、少しでも目を離してしまうと、いつのまにか階段や家の外など
危険な場所に行ってしまうこともあるので事故が起きないように安全対策をしておかなければいけません。
例えば、階段や玄関にベビーフェンスを設置したりすると安心です。
また角の尖った家具にもガードをつけておくと良いでしょう。


病気については、どんどんと成長しているとはいえまだまだ病気をすると重症化しやすい時期ですから
インフルエンザや小児用肺炎球菌などの予防接種は忘れずに行うようするべきです。

11ヶ月の赤ちゃんとのコミュニケーション
生後11ヶ月の赤ちゃんは、はっきりと話すことは難しいですが、親や周囲の大人が何を言っているのかを理解しはじめます
ですから、しつけをするときに、言葉でやってはいけないことと悪いことを言い聞かせることもできます。
遊ぶときには呼びかけや会話のようなものが出来るようにしていけば、それでさらに言葉を覚えていきます。
玩具をただのぬいぐるみや積み木などだけでなく、知育玩具と呼ばれるものも
与えることで手先の器用さの発達や知恵もついてくるでしょう。

mamadiet

10ヶ月の赤ちゃん

10ヶ月の赤ちゃんの成長
生後10ヶ月の赤ちゃんの身長は66~77cm前後、体重は6.8~10.5kgくらいが平均的とされています。
この時期になるとだんだん運動量が増えてきますが、食事の量はそれほど分からないので
体型の変化のスピードは落ち着いてくることが多いです。
また早い子では「パパ」「ママ」「まんま」などの意味のある単語を発することもあるでしょう。
しっかりと褒めて、返事をしてコミュニケーションを取ることで成長に繋がります。
つかまり立ちが上手になってくる赤ちゃんが増え、手を引いてあげるとつたい歩きを始める赤ちゃんもいます。

10ヶ月の赤ちゃんの生活
離乳食が順調に進んでいれば3回食のリズムも落ち着いた頃かと思います。
離乳食の時間を基準に、生活リズムを整えていくよう心がけましょう
引き続き後追いもある時期です。
また昼間の刺激が増えてくるにつれて夜泣きがある子もいる時期です。
一方で一人遊びが上手に出来るようになってきたり、食事も手づかみで食べようとしたりと
成長も感じられる時期
でもあります。

10ヶ月の赤ちゃんの注意すること
生後10ヶ月になると赤ちゃんが活動的になっていきます。
中には椅子や棚を使って上手につかまり立ちをする赤ちゃんも多くなります。
つかまり立ちをした時に転んだりして事故になってしまわないように気を付けてあげる必要があります。
安全対策として固さのあるものを床になるべく直接置かないようにしたり、
角の尖った家具にはガードをつけるようにすると良いでしょう。


また使用時期は限られますが、ころんだ時に後頭部の衝撃を和らげるクッションもありますので、
必要があれば使用するのも良いでしょう。


ちょっとした風邪でも病気のような症状が出てしまうこともあるので、
気になる症状があれば早めに病院を受診するようにしましょう。

10ヶ月の赤ちゃんとのコミュニケーション
赤ちゃんは生後10ヶ月ごろになると言葉の意味を理解し始めます。
起床時・就寝前・食事前後のあいさつや、着替え・オムツ替え・お風呂などでの声掛けなど、積極的に行いましょう
まだしっかりと言葉を発することはほとんどの場合出来ませんが、
「パパ」「ママ」「まんま」などの言葉に近いものを発する機会は増えていきます。
その都度、返事をすることでコミュニケーションを取ることも出来ます。
赤ちゃんの頃のコミュニケーションはその後の成長へと与える影響が大きいとされています。
赤ちゃんが何か言葉のようなものを発した時はコミュニケーションを取るチャンスでもあります。

mamadiet
免責事項
当ブログは管理人の個人的な主観により運営しております。
内容には十分注意して作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。
また当ブログはアフィリエイトプログラムを使って商品の紹介も行っております。
商品に関するお問い合わせは販売店様に直接行っていただくようお願いいたします。
万一当ブログをご利用されることでトラブルが発生した場合も責任を負いかねますのでご了承ください。