FC2ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

2歳目前で二語文、三語文と言葉が溢れてきた言葉の爆発期(?)な息子の話

前回、Amazon Echo(アレクサ)のおかげで(?)息子が二語文を話したお話をしました。
1歳8ヶ月の息子がAmazon Echo(アレクサ)のおかげで二語文を話しました

それからどんどん話す言葉が増え、現在(1歳11ヶ月)では更に言葉が増えています。
単純な単語数はちゃんと数えたことはありませんが、数十個レベルで増えています。
(もしかしたら100語超えてるかも?)

今の息子のブームは

「おっちー(大きい)、〇〇」
「ちったい(小さい)、〇〇」
という”大きさの比較”遊びと、

「パパ、いっしょー!」
「ママ、いっしょー!」
「〇〇(自分の名前)、いっしょー!」
という”同じもの探し”遊びと、

「〇〇、なーい!」
「〇〇、あったー!」
という”探索”遊びです。

どれも普段の生活の中で会話するうちに自然と
・大きさの違い
・形や種類の共通点
・目的のものを探す力
が身についてきました。

我が家で”大きさの比較”の認識に一役買ったのは
大きさ違いのぞうさんジョウロです!

保育園の水遊びでぞうさんジョウロがお気に召した息子に、
お風呂のおもちゃとして100円ショップで買ったのですが、
最初に買ったものは少し大きくて上手く扱えていませんでした。
その後、再度100円ショップに行くと一回り小さいものがあったため
サイズ違いで2つのぞうさんジョウロが我が家にやってきました。

お風呂で遊びながら私が「おっきいゾウさん♪」「ちっさいゾウさん♪」
と言っていると、すぐに真似をして「おっちー」「ちったい」と言い始めました。
しばらくは「大きいゾウ」「小さいゾウ」までがセットの言葉として
認識しているようでしたが、その後ボールやぬぐるみ、
おやつのビスケットを割ったものなどを使って
「どっちがおっきい?」「こっちがおっきいね!」
というやり取りをしていると、自然といろいろなものを比べては
「おっちー!ちったーい!」と比較するようになりました。

”同じもの探し”は食事の時間から始まりました。
というのも、離乳食が終わり、少しずつ大人と同じメニューも
食べるようになった時、
「ほら、今日のご飯ママと一緒だよー!」
と言うとすごく喜んで
「いっしょー!」
と食べたのです。
それから、ご飯の度に同じメニューを見つけては
「ママ、いっしょー!」
「〇〇(自分の名前)、いっしょー!」
と言うようになりました。

”探索”遊びは、「いないいないばあ」の延長で始まりました。
よくカーテンを使っていないいないばあ遊びをするのですが、
息子がカーテンに隠れると
「あれー?〇〇(名前)がいなーい!」
と声をかけ、息子が
「ばぁー!」
と登場したら
「わぁ、〇〇、いたー!」
と驚いてみせます。
同じ要領で、おもちゃを隠して遊んだりするうちに
どんどん応用が出来るようになり、
お風呂上がりにおちんちんを指さして
「ぱんつ、なーい!」
と叫んでみたり(笑)
「持っておいで~」というと
おむつを取りに行き、
「マンマン、ぱんつ、あったー!」
(マンマン=アンパンマンです。この時おむつがGenkiでした。)
と持ってきました。
最近ではパパママを探すときにも
「パパ、いなーい」
と言いながら探しに行き、見つけると
「パパ、あったー!」
と叫びます。
「あったー」と「いたー」はどちらも使いますが使い分けはできません。

2歳頃には言葉の爆発期が来るというのは知っていましたが、
息子は少し早めに始まってきたのかもしれません。

意志の疎通がしやすくなってきたのが本人も嬉しいらしく、
たくさんおしゃべりしてくれます。
こうなってくると、今まで以上に立派な個人として関わるよう
親も気をつけないといけないな、と思います。

mamadiet

1歳8ヶ月の息子がAmazon Echo(アレクサ)のおかげで二語文を話しました

今話題のスマートスピーカーですが、
我が家にもAmazon Echo(アレクサ)があります。
今回は、Amazon Echo(アレクサ)のおかげで息子が
初めて二語文を話した時のことを書こうと思います。

スマートスピーカーとは


まず、スマートスピーカーとは簡単に言うと
話しかけるだけで様々な操作が実行される
機能の付いたスピーカー
のことです。
スマートフォンに搭載されているAIアシスタントと
同様のものが搭載されたスピーカーで、
リビングや寝室などに置いて家族みんなで共有し
より生活に溶け込むAIアシスタントです。

スマートスピーカーの種類


現在、多くのスマートスピーカーが発売されていますが
主なものは「LINE Clova」「Google Home」「Amazon Echo」になります。
それぞれ、名前の通りLINE、Google、Amazonから発売されています。

Amazon Echo(アレクサ)について


我が家では夫がアマゾンプライム会員ということもあり、
Amazon Echoを(いつの間にか勝手に)購入しました。
正直私はテレビCMを見て「へー、近未来~」くらいに思っていたのですが、
ある日突然(夫が勝手に買っていたので)我が家にも近未来がやってきました。(笑)

元々、Amazon Echoはスマートスピーカーの先駆け的な商品です。
夫もモニター価格で購入したそうですが、
購入当初は「何ができるの?」状態でした。
基本的には「アレクサ、〇〇して」といった呼びかけで動作します。
まずは「アレクサ、今日の天気は?」とと呼びかければ、
設定した地域の天気予報を読み上げてくれました。
また、「アレクサ、今日のニュースを教えて」と呼びかければ
何故かNHKラジオ?の今日のニューストピック部分?を再生しました。

その後、Amazon Echo用のスマートリモコン(赤外線リモコンハブ)も
(またまた勝手に)購入した夫により、我が家のテレビ、照明、エアコンが
Amazon Echoで起動可能になりました。
「アレクサ、テレビつけて」といえばテレビの電源がつくのです。

Amazon Echo(アレクサ)と息子


Amazon Echoと家電が連動し始めた頃、息子は1歳ちょっと。
息子からしたら、それまでは抱っこされて壁のスイッチをパチっとしたら
部屋が明るくなったり暗くなったりしていたのに、突然パパママが
「アレクサ、照明つけて」というと部屋が明るくなることについて、
なんだか不思議そうな顔をしていました。
それまでテレビのリモコンを見つけてはボタンを連打して、
テレビがついたらドヤ顔をしていたのに、これもまた
パパママがすかさず「アレクサ、テレビ消して」と言って消してしまいます。
また、「アレクサ、童謡かけて」とママが言うと、音楽が鳴り始めるのです。
音楽が鳴る方(Amazon Echo)を見ては「???」としておりました。

何度かそんな経験をした息子は、ソファ後ろの棚に置かれている
黒い筒(Amazon Echo)が犯人だと気づいていました。

ソファに簡単に上り下りできるようになった頃、
Amazon Echoにちょっかいを出し始めました。(笑)
確か1歳半ごろ、Amazon Echoで童謡をかけて家事をしていたら、
息子がそろ~っとAmazon Echoに近づき、
本体にあるボリュームUPボタンを長押し。(笑)
♪どんぐりころころどんぶりこ
(息子、ボリュームUP)
♪おいけにはまってさあたいへん
「!?ふぎゃー!!!」
大泣きしました。(笑)
慌てて「アレクサ、ボリューム2!!」といってボリュームを下げましたが
その後大爆笑しながら仕事中の夫にLINEを送りました。(笑)
「息子がアレクサにちょっかい出して泣かされた(笑)」と。(笑)

Amazon Echo(アレクサ)と息子の初めての二語文


その後も本体のマイク無効ボタンを押してアレクサを怒らせてみたり
(マイク無効状態だと本体上部のランプが赤くなるので
「アレクサ怒ってるじゃん(笑)」と言っていました)
アクションボタン(「アレクサ」と呼びかけなくても起動させるボタン)を
押しては何か話しかけてみたり。
(大体、アレクサは「すみません、わかりません」と答えます。)

だんだん、パパママが「アレクサ」と呼びかけるのを真似して
「しゃーしゃー」と呼びかけるように!
(もちろん、「しゃーしゃー」ではAmazon Echoは起動しませんが)

そうして1歳8ヶ月のある日
「しゃーしゃー、つってー!」
(訳:アレクサ、(照明)つけて)
と話しかけました!

これ、息子の初めての二語文でした。(笑)

えー、まさかのアレクサへのお願いが最初の二語文!?
てっきり「パパ(おかし)開けて」とか「パパ(このおもちゃ)買って」
とかだと思っていたのに!(笑)
夫にLINEで報告したところ、
「え、初めては『パパ、好き』だと思ってたのに!」
とショックを受けておりました。(笑)

うーん、現代っ子は話す言葉まで現代的だなぁー
保育園で年配の先生にこの話をしてもスマートスピーカーが
ピンとこないらしく「??」という反応をされました。(笑)

しばらく「しゃーしゃー、つってー!」はブームで、
散歩中に街頭やマンション玄関の電灯を見ては
「しゃーしゃー、つってー!」と言っていました。(笑)

その後の息子の言葉の発達


現在、息子は1歳10ヶ月ですが、かなりおしゃべりになってきました。
「ぼーし、おちたー」とベビーカーから帽子を落としたことを知らせたり
「ぱんつ、なーい!」とお風呂上がりにおちんちんを指さしてみたり
「ここ、(い)たーい!」とコケて打った部分を指差してみたり。
Amazon Echo(アレクサ)のおかげでしょうか。(笑)

残念ながら、未だに「アレクサ」の発音は「しゃーしゃー」なので
アレクサにお願いすることは出来ませんが、
アレクサと会話が成り立つ日が来るのが楽しみです。

(ちなみに、アレクサ以外の名前を設定することも可能ですが
さすがに「しゃーしゃー」と命名するとパパママが面白いことに
なるので設定していません。(笑))
mamadiet

赤ちゃんと公園デビュー

赤ちゃんとの生活に慣れてきたら、少しずつお出掛けもしたくなりますよね。
特に公園デビューはいつしよう?ということも気になってくるのではないでしょうか?

公園デビューはいつ?


季節や近所の公園の様子によっても変わってくるかと思います。

まず、新生児の時期は外出は控えましょう。
生後2~3ヶ月でも、短時間の散歩は楽しめます。
首が座ってからであれば抱っこもしやすくなり、より散歩がしやすくなるかと思います。
お座りが出来る頃であれば、レジャーシートや芝生に座らせて簡単なピクニックも楽しめます。
つかまり立ちやあんよが出来る頃であれば遊具遊びにも少しずつチャレンジ出来ます。

夏は午前中や夕方の涼しい時間帯、冬は昼過ぎの温かい時間帯と、
外出しやすい時間帯を考慮しましょう。
但し、真夏や真冬は赤ちゃんは上手く体温調調節が出来ず
体調を崩しやすいので公園遊びは控えたほうが良いでしょう。
晴れた日には帽子をかぶせてあげたり、水分補給にも気をつけます。
赤ちゃんは体温が高く汗もかきやすく虫にさされやすい為、虫がいる時期は
虫よけのパッチや赤ちゃんでも使える虫よけスプレーなどで対策しましょう。

またジャングルジムなどの大きな遊具ばかりの公園
野球やサッカーが出来るような広場のある公園は、
小学生や中学生など大きな子供が多い傾向があります。
大きな子たちがダイナミックに遊ぶ様子を眺めるのも
赤ちゃんにはよい刺激になるかもしれませんが、
赤ちゃんを遊ばせるのには危険な場面が増えてきます
平日の午前中など大きな子供がいない時間帯に行ったり、
他の小さな公園を探してみるのも良いと思います。

ねんね~お座りの頃の楽しみ方


我が家では公園デビューは生後2ヶ月半頃でした。
といっても、この頃はまだまだねんねの時期です。
ベビーカーに乗せて、近所の公園の遊歩道をゆっくりと散歩したくらいです。

秋産まれだったため、その後すぐに冬がやってきてしばらくは公園はお休みし、
生後5ヶ月頃の春になり暖かくなった頃にまた散歩を再開しました。
この頃には首もしっかり据わり、抱っこでも散歩を楽しめました。
近所の大きめの公園では遊歩道もあり、ちょうど桜もキレイに咲いていた頃です。

うちの子は最初は外を眺めていましたが、
ベビーカーや抱っこの振動が気持ち良いのか
しばらくしたらスヤスヤお昼寝タイムでした・・・
それでも散歩は私の良い気分転換になっていました。

他にもねんねの赤ちゃんを連れて来ている人たちはいて、
同じようにベビーカーや抱っこ紐でお散歩したり、
ベンチで座って抱っこしたりお座りさせて休憩したり、
レジャーシートや芝生の上でハイハイさせてみたり・・・
といった楽しみ方をしていました。

保育園でもお散歩の時間があったようですが、生後6~8ヶ月頃は
主に対面式のベビーカーで公園まで移動し、あんよが出来ない子達は
やはりレジャーシートや芝生の上で遊ぶ、というコースだったようです。
(たっちやあんよが出来る子は、立ち乗りベビーカーで移動し、
公園でも少しあんよで遊んだり先生が順番に抱っこで滑り台を
滑らせてくれたりしていたようです。)

赤ちゃんにとっては、木陰や芝生の上など、
自然の中にいるだけで刺激がいっぱいです。
ぜひ芝生や木の葉っぱの感触を体験させてみたり、
落ち葉や木の実を見せたり目の前で動かしてみたり、
自然の風を感じさせてあげてください。

お座りがしっかり出来ているようであれば、
砂場に座らせるのもよいと思います。
砂の独特の感触を楽しませたり、
小さめのスコップやコップなどで砂を掬って遊ばせるのも良いでしょう。

そして夏がやって来るとまた暑さで公園遊びはお休みしました。

つかまり立ち~あんよの時期の楽しみ方


秋が来て1歳前後は、まだあんよは出来ていませんでしたが
(うちの子は1歳2ヶ月で歩きました)
お座りやつかまり立ち、伝い歩きはしっかり出来ていたので、
公園があまり混雑していない時間に座らせるタイプの遊具
(動物の形をしているものです)に支えながら座らせてみたり、
しっかりと抱っこしてブランコを小さく揺らしたりして遊びました。

また、小さい子用の低いすべり台も少しずつチャレンジしました。
最初は公園ではなく、子育て支援センターにある室内のものから始め、
慣れてきたら公園の滑り台の下の方を少し滑らせてみたり、
抱っこして一緒に滑ったりしました。

あんよが出来るようになると、遊歩道を手をつないで歩いたり
芝生や土の上など、床やアスファルトとは違った感触の上を歩いたり、
赤ちゃんの目線で歩くと木も葉っぱも木の実も虫も
新しい発見がたくさんあります。
うちの子も少し歩いては「なにこれー」としゃがんで葉っぱを拾ってみたり
石ころを拾ってみたり、ありんこから逃げてみたり・・・
うちの子は鈍い上にビビりです。(笑)

公園で遊ぶ時の注意点


公園を眺めると、結構小さい子でもどんどん滑り台にチャレンジしていたり
大きい子でもまだまだ危なっかしかったりと、赤ちゃんの成長具合は
やはり個人差が大きく感じます。
ちなみにうちの子は若干鈍いと思います。(笑)

赤ちゃんの様子を見ながら、怪我をしないように注意しながら
チャレンジしていくのがよいかと思います。
そして親子で楽しい公園遊びを楽しんでくださいね

最後に、注意点をまとめておきます。

①天候が良くて赤ちゃんの体調の良い時に公園に行きましょう。
 上にも書きましたが、天候、時間帯、
 赤ちゃんの成長具合や体調に合わせた
 公園遊びを楽しみましょう。

②怪我をしにくい服装で行きましょう。
 公園遊びに適した服装や準備を行いましょう。
 ・シンプルなTシャツとズボン
 (スカートやチュニックも控えたほうが良いでしょう)
 ・フードや紐のない服装
 (遊具に引っ掛かって思わぬ事故に繋がります)
 ・サイズのあった脱げにくい靴
 ・日差しがある日は帽子を忘れずに
 ・季節によっては虫よけも準備

③着替えや水分補給の飲み物も持っていきましょう。
 公園で夢中で遊ぶと服が汚れてしまうこともよくあります。
 また公園の水場で手を洗う時に服に水が跳ねることも多いです。
 念の為着替えを用意していきましょう。
 また赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいので、
 水分補給のための飲み物も忘れずに。

④新しい遊具にチャレンジする時には公園が混雑していない時にしましょう。
 子供が多いとそれだけで事故のリスクも高まります
 特に人気の遊具や初めてチャレンジする遊具で遊ぶときは
 出来るだけ混雑していない時に公園に行くようにしましょう。
 小さい赤ちゃんを連れて行く時は、無理は禁物です。

⑤常に赤ちゃんの様子を見て、何かあればすぐに帰りましょう。
 ・出来るだけすぐに帰れる距離の公園で遊びましょう
 ・いざという時にすぐに病院に行けるよう診察時間内に遊びましょう
 ・いざという時には病院や119番、タクシーなどへの連絡も行えるよう
  携帯やスマホなどの充電をしておき、すぐに電話が出来る状態で行きましょう

⑥赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。
 特に大きな子どももいる公園では、ぶつかったり押されたりといった事故
 起こりやすいので、大きな子がいる遊具には近寄らないようにしたり、
 大きな子たちが走り回る場所では抱っこしたりと気をつけましょう。

⑦砂場や滑り台など、他の子との交流のある場所では積極的に挨拶しましょう。
 ママ友を作りましょう!とは言いませんが、やはり同じ場所で遊ぶのであれば
 先に遊んでいる子やその親御さんに最初ににこやかに挨拶しておきましょう。
 それだけでトラブルの回避になることもあります。
 また少しづつ月齢が上がると子供同士のコミュニケーションの為にも
 最初にご挨拶をして、順番を守ったり道具の貸し借りをしたりといった
 やり取りも積極的に行うことで社会性も身につきます

mamadiet

赤ちゃんとお風呂とおもちゃ~たっち・あんよの時期~

以前、 ねんねの時期のお風呂 と お座りの時期のお風呂 について書きましたが、
今回はたっち・あんよの時期のお風呂について少し書きたいと思います。

たっち・あんよが安定してくれば、
もうほぼ大人と同じ様にお風呂に入ることが出来ます。

ねんねの頃のように抱っこして体を洗わなくても良いですし、
大人が体を洗ったりする間、一人で遊んでくれるようにもなってきます。

赤ちゃんの体を洗う時は、赤ちゃんに湯船の縁を持って立ってもらうか、
赤ちゃん用の低めの椅子か、バスマットに座ってもらうのが良いかと思います。

我が家では、この頃になると
「背中洗うよーくるってしてー」
「足洗おうねーこっちの足上げて?」
「首洗うから、上向いてー」
といった指示もかなり理解できるように!

むしろ、
「はい、次足ね」
と足を上げてこちらに見せるくらいの成長っぷり・・・


お風呂でのおもちゃ遊びも楽しくなってくる頃です。

まず手桶だけでも十分におもちゃになりました。
我が家はアンパンマンの手桶&洗面器を使っています。




手桶にお湯をくんで、ひっくり返すだけで手首を使う練習になりますし、
手桶から洗面器にお湯を移すのも集中力が必要です。

また100円ショップで買ったお風呂の壁に貼れるバスステッカー?もかなりお気に入りです。
(参考に高級品を・・・)


我が家にあるものは、船、潜水艦、飛行機、ロケット、サルの5種類のセットですが、
最初は湯船に浮かべて遊び、それを壁に貼って遊び、
慣れてきたら「船、どーれだ?」と「どれだ?ゲーム」をして遊びました。

アヒルのおもちゃも定番ですね!
我が家にあるのはこれまた100円ショップで買った、泳ぐアヒルちゃん。
(これも参考に高級品を・・・)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おふろ ちゃぷちゃぷアヒル
価格:431円(税込、送料別) (2018/8/20時点)



最初は不審そうに見ていた我が子ですが、しばらくしたら
「泳がせて!」と渡してきたり、自らネジを回そうと試みてみたり。

そして一番のお気に入りは、ぞうさんジョーロです!
これも100円ショップで(以下略)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぞうさんジョーロ(グリーン)【室外遊具/プール用品】
価格:280円(税込、送料別) (2018/8/20時点)



保育園で水遊びをするおもちゃにあって、気に入った我が子は、
帰りの時間に保育園の園庭で干されていたぞうさんジョーロを
見つけた瞬間手に取り「離さない!持って帰る!」と一悶着しました。
「わかった!おうちのぞうさん、買うから!」と何とか説得(?)して
無理やり取り上げて帰りました・・・(笑)

このぞうさんジョーロと一緒に水車も買いました!
これも100円(以下略)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ローヤル 水車 III No.2258
価格:515円(税込、送料別) (2018/8/20時点)



ジョーロや手桶でお湯を掛けたら水車がクルクル回ります。
クルクル回る様子を見るのも楽しいですし、
上手く回るように狙いを定めてお湯を掛けるのは
想像力や集中力を育てるのにも良さそうです。

・・・お気づきかもしれませんが、我が家では
アンパンマンの手桶と洗面器以外、全て100円ショップです。

実はほとんどのおもちゃが対象年齢はもう少し上なのですが、
どれも親の目の届く範囲で短時間遊ぶ分には問題ないな、
と判断して使わせています。
(※実際に一緒にお風呂で遊ぶ保護者が確認して判断してくださいね)

こういったおもちゃって、ある程度遊んだら
どうしても飽きてきてしまうものだと思うのですが、
だったらお金を掛けずに何種類か用意してあげたほうが楽しいかな、と・・・
そして飽きてしまったときにも、そこまで惜しくなく処分も出来るかな、と・・・
(エコ的な視点や教育的視点で賛否両論ありそうですが)

何より、親子で楽しいお風呂タイムを過ごすことが大切かな!
と思いますので、このようなおもちゃも参考にして頂けたらと思います。

しかし、まだまだたっちやあんよが不安定な時期は洗い場での転倒
湯船に溺れる事故などには十分気をつける必要があります。


我が家でも一回、湯船に転倒する事故がありました。
洗い場から片手で湯船の縁を持って、
片手で手桶を持って中のお湯をすくって遊んでいた子供が、
湯船の縁を持っていた手を滑らせて、
洗い場のマットの上で足も滑らせて、
そのまま湯船にドボンと・・・

(浴槽の縁は子供の胸より下辺りです)
私はその時自分の体を洗っていたのですが、
泡だらけのまま大慌てで子供を引き上げました。
幸い、少しのお湯を飲んだだけの様子で、
引き上げたらすぐに大泣きし、
顔を拭いてあげてしばらく抱きしめていたら落ち着きました。

かなり、ヒヤッとしました。
絶対にお風呂に子供だけの状態には出来ないな、と改めて思いました。
お風呂のドアを開けるようになってからは、
お風呂にお湯を張っている間(家族全員がお風呂を済ませて
お風呂のお湯を抜くまで)は必ずお風呂のドアに鍵を掛けています。

安全対策と、もしもの場合にすぐに対処できるよう注意しつつ、
毎日のお風呂を楽しんでいけたらと思います。

mamadiet

0歳のトイレトレーニング

トイレトレーニングっていつから始めるの?どうやって始めるの?
我が家では、夫婦がそんな疑問を抱く前にトイレトレーニングは始まりました。

我が家のトイレトレーニング開始



子供が9ヶ月になって数日たったある日、保育園のお迎えでニコニコの保育士さんに
「お母さん!今日は嬉しい報告があるんですよ!」
と言われました。
何だろ、つかまり立ちが上達したのかしら?
もしかして数秒たっち出来たとか??と思いつつ
「わー、なんですかー??」
と聞いてみると
「なんと◯◯ちゃん、今日おまるでおしっこしましたー!」

・・・えっ!?
おまる!?
ウチの子、おまる座れるの??
しかもおまるでおしっこ出来たの!?


この時、お座りとハイハイはかなり安定して好きに移動して遊べるけど、
つかまり立ちはまだ危なっかしいことが多い
という状態の成長具合です。

びっくりしすぎて保育士さんになんて返事したか覚えてません。(笑)
(上のまま声に出てたかも)

保育園では大体決まった時間に排泄のお世話タイムがあるらしく、
その時におまるに座れる子は順番におまるに座っていたようです。
(もちろんうんちの場合など、保育士さんが気づいたら
その都度おむつ交換してくださっていました。)
タイミングが合えばそこでおしっこが出来る子も。
ウチの子もこの日たまたまおしっこが出たようです。

親の知らないところで、既にトイレトレーニングを始めて成長していた我が子。(笑)
正直トイレトレーニングとかまだまだ先だろうと思っていたので、
慌ててその夜、アンパンマンの5Wayおまるをネットでポチりました。(笑)



おまるでトイレトレーニング



後日改めて保育士さんに、トイレトレーニングはどのように
進めたら良いのかアドバイスをいただきました。

「まずは定期的におまるに座って、おまるに慣れることから始めます。
寝起きはおしっこが出やすいのでおすすめですよ。」


とのこと。
早速家でも朝起きた時、休日のお昼寝から起きた時におまるに誘ってみることに。
日によってはおまるがイヤ!と泣くこともあったので、その場合は無理せず中止。
(おまるがイヤな場所になっては困るので)

ちなみにアンパンマンのおまる、音楽やアンパンマンの声が流れる機能付き。
初めておまるに座らせて、喜ぶだろうとボタンを押すと・・・
泣かれました。(笑)
何でだろう、怖かったのかな・・・
何回か座ると、自らボタンを押して遊び始めました。

家でもおまるにチャレンジすること、確か1ヶ月近く・・・
途中、保育園ではもう1~2回おまる成功していましたが、家ではなかなか成功せず。
(誘っても嫌がることも半分近くありました)
やっと成功したときは子供とハイタッチしました。(笑)

ウチの子は、うんちの時はとてもわかり易く気張ります。
顔を真っ赤にさせて、「うーん」って言うのです。
その時にもささっと脱がせておまるへ。
これも、
「今いいトコだから触るな!」
と言わんばかりに拒否されることも半分以上ありました
が。
こちらも、おしっこ成功から半月くらいで成功しました。

そして数回成功して思ったことは・・・
おまるって、後の処理めんどくさーい!(笑)
流して、洗って、拭いて、念の為消毒(といっても除菌シートで二度拭き)する・・・

確か、1歳1ヶ月~1歳2ヶ月頃にはおまるを卒業し、
トイレに補助便座を乗せるスタイルにステップアップしました。
(ウチの子は1歳2ヶ月であんよをし始めたので、その頃です。)
これならトイレに補助便座を乗せるだけ!終わったらトイレを流すだけ!簡単!

後から知ったのですが、おまるに敷く処理シートなるものもあるのですね。
こちらも試してみたかったかも・・・
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スズラン ベビー おまるシート 30枚
価格:533円(税込、送料別) (2018/8/20時点)




トイレトレーニングのための絵本



トイレに興味を持ってもらう、トイレの使い方を教えるために、
我が家では絵本も使って勉強してみました。
ネットで評判を調べて2冊購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

といれ (あけて・あけてえほん) [ 新井洋行 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/8/20時点)



「あけて・あけてえほん といれ」
0歳にもおすすめです。
ウチの子は「うんちさーん」「でたー」のページで毎回「たー!」と大喜びでした。
リズムよく読め、何回も「もう一回!」と言われた絵本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おとこのこトイレ (おむつはずしのえほん) [ じんこ ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2018/8/20時点)



「おとこのこトイレ」
上の絵本よりももう少し詳しくトイレの流れがかかれています。
保育士さんが監修した本らしく、大人にとっては当たり前だけど、
子供には「?」な点を丁寧に教えることが出来る絵本
です。
また大人向けに、教える時のポイントも書かれています。
男の子ならではの方法(立っておしっこ)について、
ママでも教えやすいように「エビさんのポーズ!」とあって、
声掛けしやすい工夫もされています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おんなのこトイレ (おむつはずしのえほん) [ じんこ ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2018/8/20時点)



「おんなのこトイレ」
女の子バージョンもあります。
こちらはパパの勉強にもなるかも?


0歳からのトイレトレーニングの成果



0歳からトイレトレーニングを始めて思ったことは、
正直そんなにトイレトレーニングの成果が出ることはないかも?
ということです。
(もちろん個人差があることなので、我が家での感想です)

まだまだ排泄機能も成長中の0歳児。
自ら「おしっこ」と言えるわけでもなく。
(たまに、出た後におむつを叩いて知らせてくれることはありましたが)
本当にタイミングが合えば成功といった具合です。

でも早くからおまるやトイレに慣れていたからか、1歳半を過ぎて
トレーニングパンツなどを使って本格的にトイレトレーニングを始めた時に、
トイレを嫌がることはほとんどなくなっていました。
0歳時のトイレトレーニングの一番の目的はこれかも?と思います。


1歳のトイレトレーニング(トレーニングパンツ開始編)についてもまたまとめたいと思います。

mamadiet
免責事項
当ブログは管理人の個人的な主観により運営しております。
内容には十分注意して作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。
また当ブログはアフィリエイトプログラムを使って商品の紹介も行っております。
商品に関するお問い合わせは販売店様に直接行っていただくようお願いいたします。
万一当ブログをご利用されることでトラブルが発生した場合も責任を負いかねますのでご了承ください。